教育理念

千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ・千駄ヶ谷日本語学校は、 

 

  1. すべての国の人々が、わかりやすい日本語を使って日本語を効率よく楽しく学ぶための出会いの場を提供する。 
  2. 多様化する国際社会の中にあって、相互理解のための有能な才能の育成をはかる。 
  3. 日本語教育を通して、国際交流をはかり、国際親善の一翼を担う。 

 

を教育理念として1975年に設立され、今までに世界各国の多くの人々が日本語を身につけて巣立っていきました。 

 

言葉は、手段であると共に、その国の文化や社会、人々の思考方法などを表しており、外国語の習得は異文化理解に重要な役割を果たします。 したがって、その習得を容易にするということは国際理解につながる重要なことだと思います。 そのため、千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ・千駄ヶ谷日本語学校は日本語を母語としない人達が、外国語である日本語をどのようにしたら効果的にマスターすることができるかを研究し、教授法、テキストを開発し、教育を実践してきました。日本語教育が、真の国際交流に役立つと信じるからです。 

 

みなさんの日本語習得が楽しく進むよう、千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ・千駄ヶ谷日本語学校の教職員一同、みなさんのパートナーとしてお手伝いできることを心より願っております。

千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ

千駄ヶ谷日本語教育研究所 理事長

吉岡 正毅

吉岡 正毅

学校紹介

PAGETOP